ぷんたのかあさん 野の花Catalogue

puntamama2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 04日

セリバヒエンソウ (芹葉飛燕草)

a0265288_2425818.jpga0265288_303616.jpg


キンポウゲ科 デルフィニュウム属 (Delphinium anthriscifolium)
1年草
花期: 4月
花の大きさ:1~1.5cmほど 
草丈: 20~50cm
名前の由縁: 芹に似たギザギザの葉っぱの飛燕草
         飛燕草は花の形が燕が飛んでいる姿に喩えて
キンポウゲ科の植物なので強い毒性があるそうです 決して食べない様に!


園芸種でデルフィニュウムとして販売されているものと同じ仲間なので花の形が良く似てます
因みに、デルフィニュウムとはドルフィン(イルカ)に似ているという意味だそうです

埼玉南部では見沼周辺で良く見られます。
実生で良く殖えるので、採種した種を撒いた我が家では殖えすぎて可愛い困ったさんでもあります




蜜や花粉を沢山出すらしくて蝶や虫が良く来ます

a0265288_324645.jpg

a0265288_3115923.jpg




            群生の様子
a0265288_153135.jpg


a0265288_1535119.jpg


a0265288_1541342.jpg


a0265288_1542644.jpg


a0265288_1554240.jpg



a0265288_1562376.jpg


a0265288_1575388.jpg




              黒い種がこんな形の鞘の中に収まっています。 はじけて良く発芽します
a0265288_1924918.jpg

              





[PR]

by puntamama2 | 2012-05-04 03:25 | 春の青い花・紫の花


<< ハナイバナ (葉内花)      ホトケノザ (仏の座) >>