2012年 05月 08日

ハナイバナ (葉内花)

横画像は全て左クリックで大きくなります

a0265288_20594322.jpg


ムラサキ科ハナイバナ属  Bothriospermum tenellum
花期: 4月~  
花の大きさ: 2~3mm程、春の方が大きい気がします
草丈: 10~20cm
名前の由来: 葉と葉の間(内)に花をつけることから “ 葉・内・花 ”  漢字で書かないと分らないですよね (^^

花が キュウリグサ にそっくりです

見分け方は下の方をご覧ください


花はとても淡い水色で底は白色。 写真は良い色を出せていないのでまた来年撮り直します
a0265288_2253418.jpg

a0265288_21163453.jpg



白い花の個体も見つけました
a0265288_10481236.jpg

6月田の畦道で見つけたものですが辺りの花はすべて白色だったので
これが個体差なのか季節(気温)によるのか不明です
来年また同じ場所で確認してみます




実になると葉内花の意味が良くわかります
a0265288_22772.jpg




キュリグサとハナイバナの見分け方

一番は花の中心が黄色いか白いかですね

a0265288_229205.jpg


草丈が伸びると葉と花の付き方が違うのがはっきり判ります

a0265288_2291619.jpg



[PR]

by puntamama2 | 2012-05-08 21:11 | 春の青い花・紫の花


<< ドクダミ (蕺草・毒溜)      セリバヒエンソウ (芹葉飛燕草) >>