カテゴリ:春の白い花( 2 )


2013年 04月 24日

チゴユリ (稚児百合)

横画像は全て左クリックで大きくなります

a0265288_23483849.jpg

Disporum smilacinum

ユリ科チゴユリ属
多年草 
花期:    4~5月
草丈:    10~30cm 1本立ちの茎が多い、希に下方で枝分かれする
葉の形状: 楕円形または長楕円形、両面無毛で互生 
        中央に筋が目立つ
花の大きさ:1cmほど 
        普通1本立ちの茎の先を弱々しくしならせて下向き俯くように1花を咲かせるが  
        2つ以上の花を付けることもあり、上向きに咲くこともある
生育環境:  比較的湿った土壌を好み、落葉樹林や針葉樹林の林床に生えます
        地下茎(匍匐枝)を伸ばして殖えるので
         条件が良い場所では多数の個体が密集して群落を作っています
名前の由縁: 小さくて可愛い(稚児)百合 

夏から秋にかけて黒くて丸い果実が成熟します
秋~冬にに地上部は枯れて無くなりますが、
匍匐枝の先に出来た新しい個体が翌春に芽を出して花を咲かせます




a0265288_23504717.jpg




  黒い実 思いの外大きいです
  仲良く2つ付いているので 花も2つ咲いていたんですね ^^
a0265288_23481722.jpg




a0265288_2353397.jpg




a0265288_23532290.jpg




[PR]

by puntamama2 | 2013-04-24 23:55 | 春の白い花
2013年 02月 24日

ヘラオオバコ  (箆大葉子)

a0265288_10591490.jpg


オオバコ科オオバコ属 (Plantago lanceolata)
多年草 (一年草) 
草丈:   葉は全て根出葉で20~30cmにもなる細長いヘラ状
      縦に通った葉脈が目立ち、端が波打った感じです
花:    花期は4月~8月頃
      花茎を株状に立てて20~70cmにも伸ばす
      先端に円錐形の穂状花序(花の集まり)を付ける
      白色の花が緑掛った褐色の花序から線香花火のように飛び出して咲く
      個々の花は合弁花 
生育地: 河川敷や土手・畑地・芝生の中など何処にでも
      日当たりを好むが日影でも、また乾燥・湿地でも適応性が高い
名前の由来: 篦(ヘラ)のような形の葉っぱのオオバコ

ヨーロッパ原産の帰化植物で環境省の要注意外来生物に指定された有害植物でもある
種子で殖える他、抜かれても根っこが3~4cm残っただけでも再生するほど繁殖力が強く
駆除が難しい





a0265288_1151036.jpg

線香花火のようですね (^^)
殖えすぎて困りものですが・・・ この時期だけは可愛いかも ーー;



a0265288_11643100.jpg



a0265288_1172258.jpg

未開花の穂状花序



a0265288_1183868.jpg



撮影地は荒川河川敷


[PR]

by puntamama2 | 2013-02-24 11:20 | 春の白い花