ぷんたのかあさん 野の花Catalogue

puntamama2.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2012年 07月 07日

タニギキョウ  (谷桔梗)



          横画像は全て左クリックで大きくなります
a0265288_22145894.jpg
                                                 撮影地 長野県白馬村神城 (2012.5.14)


キキョウ科タニギキョウ属 (Peracarpa carnosa)
多年草 合弁花 (5深裂)
花期: 5月~ (場所により差異?)
花の大きさ:0.5~0.8cmほど 
草丈: 10~15cm程。見た目は全体にとても小さい印象の草姿
生育環境: 山地の湿った林床・林縁や渓流沿い
        地下茎で分枝して殖えるので小さな群落を形成します
        小さい姿ですが、白い花がたくさん密生して咲くので思わず目を惹かれます
名前の由縁: 谷筋に生える桔梗 の意


5つに裂けた合弁花であることや葉の形は確かにキキョウの仲間ですが
あまりに小さいので一見キキョウとは思えない?
園芸種のベルフラワー(オトメキキョウ・乙女桔梗)を小さく小さくした白花のイメージでしょうか・・・


とても可愛らしいですよ (^^)

a0265288_22165152.jpg
   花の底部には紫色の筋が入ります


a0265288_221777.jpg
   葉は丸い卵形で荒い鋸歯があり、疎らに短くて柔らかい毛があります


a0265288_2375160.jpg



a0265288_2374191.jpg
   この時はまだ咲き始めたばかりで たくさんの蕾がついています




       本家ページ
ぷんたのかあさん Photo徒然草
    も宜しくお願いします
[PR]

by puntamama2 | 2012-07-07 22:33 | 初夏の白い花
2012年 07月 05日

ドクダミ (蕺草・毒溜)

          横画像は全て左クリックで大きくなります
a0265288_113962.jpg



ドクダミ科ドクダミ属  Houttuynia cordata
花期: 6月~7月
花の大きさ: 花弁に見えるのは総苞片で径2cmほど 
        本当の花は真ん中の芯に見える部分に沢山集まっています
草丈: 10~50cm
名前の由来:「毒痛み」あるいは「毒ため」 
         この草が毒なのではなく、毒を吸い出す と言う意味でしょうか?
        腫れ物などに揉んだ葉を葉って薬用にするなど様々な薬効があると言われます。
自生地:  日影になるような湿った場所を好むが 適応力は強くて何処にでも生えて殖えます
草全体に強い匂い持っていて、刈ったりすると強く匂います



a0265288_1154894.jpg

a0265288_1161420.jpg 

芯に見える部分が集合花と言って、本当の花の集まり。
ドクダミには花弁が無くて 雄しべと雌しべだけで花になっています
白くて花弁に見えるのが総苞片と言うもので、蕾を包んでいた実は葉っぱです



a0265288_117424.jpg

a0265288_117379.jpg
 池の端などにあると綺麗に思われます


白くて節のある地下茎を縦横に伸ばしてとても良く殖えます
地下茎の一部でも残ると、そこから芽を出すでの
庭などに雑草として入り込んだ場合、根絶は難しい程です


どくだみ茶 
利尿・動脈硬化の予防・美肌など様々な薬効を期待して良く用いられる
花の時期のドクダミを採取してキレイに洗い 
風通しのよい日影の場所に吊して陰干しにして良く乾燥させる。
乾燥させたものを刻んでビンなどで湿気らないように保存、適宜煎じて飲む。
薬効については此処では責任が持てませんので悪しからず m(_._)m
[PR]

by puntamama2 | 2012-07-05 01:49 | 梅雨時の白い花