タグ:ゴマノハグサ科 ( 1 ) タグの人気記事


2012年 04月 21日

オオイヌノフグリ 

横画像は全て左クリックで大きくなります


a0265288_2112695.jpg


ゴマノハグサ科 クワガタソウ属 ( Veronica persica )
二年草 合弁花 
花茎 8~10mm
草丈 5~10cm 横に分枝して広がって行く 生育条件が良ければ大株になる
帰化植物
 

名前の由来は 日本在来種の 「イヌノフグリ(赤紫の小花)」に似ていて より大きい花を付ける草と言う意味です
では、そもそも "フグリ" とは何ぞや? 単刀直入、即物的に"陰嚢”のことであります (x x) 
在来種の「イヌノフグリ」は ワンコの' それ'にそっくりな、まあるいかわいい果を付けるためそう名付けられました。
本種の 果は扁平でそれほど似ていません
いずれにしても少々気の毒な 命名ですね (==) 


今や在来種はめっきり姿を消してしましましたが 
本種の可愛らしいスカイブルーの花が 冬の間から日溜まりの道端にポチッ!と咲いているのを見つけると
誰しも何となく心が温もった様な気持ちになるのではないでしょうか?
春近し!を感じさせてくれる愛おしい小花です。
また春が進んで一面に空色のお花畑を作っているのに出会うと、ウキウキと春らしい気分になったりしますね ^^

似ている仲間 :  イヌノフグリ (本種は非常に少なくなっているので、見つけられるかな・・・ ^^;)
            タチイヌノフグリ (準備中)
            フラサバソウ (準備中)




空色に染まって
a0265288_2351945.jpg



春が進んで 畦道で爛漫と群れ咲く姿はステキな空色の世界を描きます
a0265288_13521231.jpg


a0265288_23585092.jpg



花は朝開いて翌朝には落ちてしまう一日花ですが、最盛期は次々と咲かせるので株一面空色です
花弁4枚に見えますが、切れ込みがある 合弁花 
良く見ると花弁状は一枚づつの大きさが違うようです


雌しべの両側に2本の雄しべが対象に付きます
a0265288_0295535.jpg
 これは朝早く雄しべの葯(やく=花粉の袋)が開く前でまだ紺色です。
 ハート形で可愛いですね


 日中には花粉がでます
a0265288_14104663.jpg
 虫媒花ですが、夕方には閉じる花弁に押される事で
 雄しべが内側に曲がり雌しべにくっついて自家受粉もできるようです。



夕刻、花弁がすぼんできました 翌朝には散ってしまいます
a0265288_23111526.jpg


 
a0265288_2354787.jpg




a0265288_2362388.jpg



a0265288_2371614.jpg



a0265288_18514562.jpg




斑入り葉の変異を見つけました
a0265288_042780.jpg            

 

春一番のお花畑は、冬を越した蝶々や春早くに羽化する蝶々たちの食事の場になります
a0265288_1355988.jpg




       本家ページ
ぷんたのかあさん Photo徒然草
    も宜しくお願いします



[PR]

by puntamama2 | 2012-04-21 22:41 | 早春~春の青い花