タグ:ムラサキ科 ( 2 ) タグの人気記事


2012年 05月 08日

ハナイバナ (葉内花)

横画像は全て左クリックで大きくなります

a0265288_20594322.jpg


ムラサキ科ハナイバナ属  Bothriospermum tenellum
花期: 4月~  
花の大きさ: 2~3mm程、春の方が大きい気がします
草丈: 10~20cm
名前の由来: 葉と葉の間(内)に花をつけることから “ 葉・内・花 ”  漢字で書かないと分らないですよね (^^

花が キュウリグサ にそっくりです

見分け方は下の方をご覧ください


花はとても淡い水色で底は白色。 写真は良い色を出せていないのでまた来年撮り直します
a0265288_2253418.jpg

a0265288_21163453.jpg



白い花の個体も見つけました
a0265288_10481236.jpg

6月田の畦道で見つけたものですが辺りの花はすべて白色だったので
これが個体差なのか季節(気温)によるのか不明です
来年また同じ場所で確認してみます




実になると葉内花の意味が良くわかります
a0265288_22772.jpg




キュリグサとハナイバナの見分け方

一番は花の中心が黄色いか白いかですね

a0265288_229205.jpg


草丈が伸びると葉と花の付き方が違うのがはっきり判ります

a0265288_2291619.jpg



[PR]

by puntamama2 | 2012-05-08 21:11 | 春の青い花・紫の花
2012年 04月 22日

キュウリグサ (胡瓜草)

横画像は全て左クリックで大きくなります


a0265288_1512913.jpg



ムラサキ科 キュウリグサ属
二年草 合弁花 花径 2mm
花期: 3~5月
草丈: 早春は5~10cm程 (茎や葉は少し紫色を帯びる)
    4、5月になると30cm 程に茎は細く伸びて緑色


園芸店で人気の「 わすれな草(ヨーロッパ原産) 」の花に良くにています
子供の頃はこの花を見て物語にでてくる”わすれな草”を想像していました

良く似た花を咲かせる草にハナイバナがあります
そちらもご覧下さいね 見分け方の説明もしておりますので。


空き地などどこにでも見られるとても小さな花ですが
よく見ると春の空のように淡い空色が可愛らしい花です

葉を揉むと胡瓜のような青い匂いがするのが名前の由縁です。
幼い頃、そうやって年かさの子から教わった事がこの草の名前と共に忘れない思い出ですね


早春から小さな姿で咲き始め、花穂をのばしながら上に向かって咲き進んでいくので
春が進むと茎も伸びますが一度に咲く花は1茎にせいぜい3~4ほど


  左下のぼけた青がオオイヌノフグリの花です
  比較してキュウリグサの花の小ささが判ります
a0265288_2153684.jpg



つぼみはピンクがかった色でこれまた可愛い色ですね
a0265288_2175381.jpg



3月末の状態 地面に小さなロゼッタ葉 を広げて、這うように横に延びた短い茎の先で咲いています
全体に紫色を帯びた印象があります
a0265288_10154310.jpg





普通は道端など何処にでもにあちこちパラパラと生えていて咲いていますが
4月の末に 偶然田の畦で大きな群落を作って咲き誇っているのを見つけました \(^0^)/

a0265288_9311161.jpg




大好きなこの草の花 沢山撮影しています
どうぞご覧くださいね



a0265288_9333076.jpg



a0265288_935361.jpg


a0265288_935465.jpg



[PR]

by puntamama2 | 2012-04-22 02:23 | 早春~春の青い花