ぷんたのかあさん 野の花Catalogue

puntamama2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:春・日当たりの良い野原などで ( 4 ) タグの人気記事


2013年 03月 22日

オオアラセイトウ (大紫羅欄花)  

横画像は全て左クリックで大きくなります

a0265288_2258796.jpg 
別名:  ムラサキハナナ(紫花菜) ;  ショカツサイ(諸葛菜)

学名:   Orychophragmus violaceus  

アブラナ科オオアラセイトウ属 越年性(耐寒性)一年草

草丈:    20~80 cm
       早春は低い草丈だが気温の上昇と共に大型に成長する
      
花:      春(3~5月頃)花径2~3cmの紫色の花を多数咲かせるが
       紫色には濃淡の幅がある 
       花は4枚の花弁で十字形。(アブラナ科の特徴)
       花も草姿も、菜の花の紫色ヴァージョンと思えば間違いはない
  
生育地:  以前は栽培されていたものだが、人為的にあちこちに種が撒かれたりもしたらしい
       こぼれ種でも旺盛に殖えるので野生化している
       道端、線路際や土手など日当たりの良い所や半日影の林の中などでも至る所で見られる
       大群落になっていることも多い
      
名前の由来: アラセイトウ(ストックの和名)に似た大型の花の意
         ムラサキハナナは、紫色の菜の花の意
         ショカツサイ(諸葛菜)は、三国志の諸葛孔明が広めたからだとか... 本当かな?

中国原産の帰化植物です




十字形の花の中心に黄色い雄しべ(6本)が目立ちます
a0265288_22585457.jpg



つぼみ
a0265288_2345097.jpg



a0265288_2351345.jpg



a0265288_236164.jpg




[PR]

by puntamama2 | 2013-03-22 23:10 | 春の青い花・紫の花
2013年 03月 22日

カキドオシ  (垣通し)

横画像は全て左クリックで大きくなります

a0265288_2235575.jpg


学名:  Glechoma hederacea var. grandis

シソ科 カキドオシ属 の多年草

草丈:   地面に張り付いたような低い草丈から、春になると4~25cmの茎を立ち上げて葉腋に花を咲かせる
      開花期が過ぎると旺盛に茎葉を伸ばし地面に倒れ、ツル状に縦横に這うように生育する
      地面に付いた茎の節から根を伸ばし、繁殖する
      茎葉を揉むとシソ科特有の香りがする
      
花:     薄い紫色、唇形花で典型的なシソ科の花です
      15~20mm、意外と大きく美しい花
      開花は4~5月、気温の上昇と共に草丈も高くなり群生状で沢山の花を咲かせていると見事です

生育地:  日当たりが良い土手、田畑の畦や草むら、明るい林の縁など
      
名前の由来: 夏、旺盛に伸びる茎が垣根を通して隣にも這い出すから、「 垣通し(カキドオシ)」


日本在来種で昔から薬草として利用されていたそうです
生薬名: 連銭草(れんせんそう)利尿、消炎作用のほか、血糖降下作用もあるとか
  疳取草(かんとりそう)いわゆる疳の虫を退治すると言われたとか 若い人に意味がわかるかな?


園芸店では外来の斑入り葉種などが "ゴレコマ"の名で綺麗な葉物として販売されています。
この在来種の方が花は大きく美しいです





薄紫色の唇形花には、濃い紫の斑点と白い毛が目立ちます 
a0265288_22411733.jpg




  
a0265288_22425835.jpg





葉は、腎円形で対生します
a0265288_22453179.jpg

 ピンクの小さな花はヒメオドリコソウです



自由にどこまでも延びて行きます
野原は一面薄紫です ^^
カキドオシ (垣通し) の名前の由縁がわかりますね
a0265288_22475251.jpg



a0265288_22495165.jpg



a0265288_2250885.jpg




[PR]

by puntamama2 | 2013-03-22 22:53 | 春の青い花・紫の花
2012年 05月 08日

ハナイバナ (葉内花)

横画像は全て左クリックで大きくなります

a0265288_20594322.jpg


ムラサキ科ハナイバナ属  Bothriospermum tenellum
花期: 4月~  
花の大きさ: 2~3mm程、春の方が大きい気がします
草丈: 10~20cm
名前の由来: 葉と葉の間(内)に花をつけることから “ 葉・内・花 ”  漢字で書かないと分らないですよね (^^

花が キュウリグサ にそっくりです

見分け方は下の方をご覧ください


花はとても淡い水色で底は白色。 写真は良い色を出せていないのでまた来年撮り直します
a0265288_2253418.jpg

a0265288_21163453.jpg



白い花の個体も見つけました
a0265288_10481236.jpg

6月田の畦道で見つけたものですが辺りの花はすべて白色だったので
これが個体差なのか季節(気温)によるのか不明です
来年また同じ場所で確認してみます




実になると葉内花の意味が良くわかります
a0265288_22772.jpg




キュリグサとハナイバナの見分け方

一番は花の中心が黄色いか白いかですね

a0265288_229205.jpg


草丈が伸びると葉と花の付き方が違うのがはっきり判ります

a0265288_2291619.jpg



[PR]

by puntamama2 | 2012-05-08 21:11 | 春の青い花・紫の花
2012年 05月 04日

セリバヒエンソウ (芹葉飛燕草)

a0265288_2425818.jpga0265288_303616.jpg


キンポウゲ科 デルフィニュウム属 (Delphinium anthriscifolium)
1年草
花期: 4月
花の大きさ:1~1.5cmほど 
草丈: 20~50cm
名前の由縁: 芹に似たギザギザの葉っぱの飛燕草
         飛燕草は花の形が燕が飛んでいる姿に喩えて
キンポウゲ科の植物なので強い毒性があるそうです 決して食べない様に!


園芸種でデルフィニュウムとして販売されているものと同じ仲間なので花の形が良く似てます
因みに、デルフィニュウムとはドルフィン(イルカ)に似ているという意味だそうです

埼玉南部では見沼周辺で良く見られます。
実生で良く殖えるので、採種した種を撒いた我が家では殖えすぎて可愛い困ったさんでもあります




蜜や花粉を沢山出すらしくて蝶や虫が良く来ます

a0265288_324645.jpg

a0265288_3115923.jpg




            群生の様子
a0265288_153135.jpg


a0265288_1535119.jpg


a0265288_1541342.jpg


a0265288_1542644.jpg


a0265288_1554240.jpg



a0265288_1562376.jpg


a0265288_1575388.jpg




              黒い種がこんな形の鞘の中に収まっています。 はじけて良く発芽します
a0265288_1924918.jpg

              





[PR]

by puntamama2 | 2012-05-04 03:25 | 春の青い花・紫の花